2009年02月01日

法外な割安優良株を買い叩く!!

法外な割安優良株を買い叩く!!

 <預金残高197.5倍 滝沢式 暴落中国株ハゲタカ投資法>
最先端デリバティブで下落相場から現金強奪&法外な割安優良株を買い叩く!!










<警告>
内容の一部に、最新の共産党政治情勢および個別具体的な株式銘柄名等が登場しており非常に機密性の高い情報が含まれています。
その為、情報提供者の意向により
予告なく当サイトでの販売及び公開を終了する場合がございますので、
予めご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。






「世界的株価崩壊に不安を感じる・・・」
そんなあなたへ
今ならまだ間に合う暴落株式で
巨額利益を奪還できる方法のお知らせ



「暴落株式から現金を強奪する快感」

それはアッという間に年率数百パーセントを稼ぎ出せる喜び。
暴落の激震でパニックとショックが響くほど
あなたの口座残高がグングンと膨張して止まりません。


あまり大きな声で言えませんが、
中国政府の異常な政策のおかげで
毎日急激に「ある株価」が暴落してくれるので
笑いを我慢するのが大変です・・・


事実。恥ずかしながら東証1部上場企業に勤めながら
わずか10万円台の投資しかしなかった私でも
暴落相場によって
いきなり約198倍の預金残高増加を記録できました。

その秘訣とは一言で言うと
「ある中国株ハゲタカ的投資術」を確立できたから・・・・



「そこで、あなたに提案があります。」

実は、暴落株式だからこそ実現できる
『異常に連勝する特殊な投資パターン』が存在しているのを
あなたはご存知でしょうか?

それは、今日も世界最悪の株式暴落が続く中国株式で
「ある最新デリバティブ投資」によって
本来不可能な空売りを仕掛け莫大な現金を強奪した上で、

さらに気の毒なほど割安になった超優良株式を
「徹底的に割安で買い叩く」ということ。


これはまさに、経済不況時こそ最強の利益率を叩き出せる
正真正銘のハゲタカ投資法といえるでしょう。



そんな暴落株式投資法を知りたいと思ったあなたへ。

私が預金残高を198.3倍に激増 させた秘訣。
その全ての記憶と秘密を
明らかにする用意は全て完了しています。

ゆっくりと続きをお読みください。

暴落が快感になる不思議な投資の世界へ
あなたをご招待致しましょう。






史上最悪の大暴落中国株式で
銀行預金残高を198倍にできるなら・・・・
あなたはどうしますか?


「ありがとう株価大崩壊!!」

昨今の金融市場の大混乱のお陰で。

私の銀行預金残高は198倍の増加を記録中。
暴落が最強の現金強奪機会になる
現代の金融技術の利益率の高さに驚きを隠せません。

それは冒頭で少しお話しした通り・・・・、

あまり大きな声では言えませんが
株価が暴落すれば暴落するほど
『信じられない!!中国株式暴落…ありがとう!!』と
唇の笑みを我慢するのが大変な毎日でした。


特に、
勤務時間中『こっそり携帯電話で証券口座を覗く』ごとに
ありえない勢いで残高が増えていく瞬間を目撃してしまうと
全身の力が抜けてしまい、
仕事が手につかなくなったことすらあります。

驚きのあまりデスクに置いてあるコーヒーを
ひっくり返してしまう事も多発してしまい
その結果。上司には『おまえ最近、メンタル大丈夫?』と

「躁うつ病」を
疑われるという笑えない状況にもなりました・・・
 



もっとも、精神が興奮していたのは
隠しようがない事実です
空前の大暴落相場の到来は最強の利益率を
狙えるチャンスの到来なのだから


「今日も興奮状態から抜けられません」

仕方ありません。想像してみてください。
興味本位で10万円弱から始めた株投資資金が

気がつくと198倍の預金残高へと変貌したのですから。
興奮しない方が精神的によほど異常だと思いませんか?

誰だって、
暴落株式から現金の束をつかみ取れたら驚くことでしょう。
一体何のために
毎日職場で働いているのか分からなくなりますから。

そんな映画のストーリー話
みたいな状況が現実と今なっています。





なぜなら
破産者が大量発生中の暴落相場で
巨額の現金を強奪するのは簡単なのだから

「わずか10万円の資金が198倍増」

では一体どうして、
私の身にそんなに精神が興奮状態になってしまうほどの
『異常な資産増加』が起きたのでしょうか。

その答えは非常にシンプル。
現在の世界の金融市場が
歴史上最悪の異常事態の真っ最中だから。

だからこそ

常識では考えられない収益率を記録できてしまったのです。

しかも、80年前の大恐慌時には
指をくわえて苦しむしかなかった大暴落が
2008年の今日では
素晴らしい最高で最強の利益獲得チャンスに
変貌しているのをあなたはご存知でしょうか?

実際のところ
「暴落を最強の収益機会にできるカラクリ」を
知っている人間は
今回の暴落で空前の収益を叩き出しています。


世界中の株式相場が急転直下で暴落している現在の状況下。
過去の投資常識がどうしようもなく
無力で通用しないものとなってしまいました。

プロのトレーダー達が
連日巨額の損失を被り破産しているのも無理ありません。
まさに「儲けるルールが変わった」ということでしょう。

もっとも、そんな異常な状況であるからこそ
『異常に連勝する特殊な投資パターン』を

知っている人間にとっては
非常識なほどの巨額の利益を手にできる
チャンスでもある訳ですが・・・

それはどういうことかというと、

市場が歪めば歪むほど、壊れれば壊れるほど、
お金がギッシリと埋まっている金庫の底に
大きな穴が拡大していき
そこから流出する天文学的な現金を強奪するのは
想像以上に簡単だということなのです。

あなたも直感的に
今の異常な株式市場にある歪みの存在を
感じられているのではないでしょうか?
ほんの数カ月の間に
瞬間消滅してしまった数十兆単位のお金の行方の強奪法・・・

その答えを早く知ってしまえば、
今後も増加していく敗退トレーダーの損失が、
「そっくりそのまま」あなたの収益となるのです。

あなたも遅かれ早かれ知ることになるでしょう。
「暴落相場で巨万の資産を築ける」という驚異的状況を。



世界同時株暴落で法外なボロ儲けをした
一部の個人投資家たちは政府規制によって
発生した株価の歪みを利用し
巨額収益を強奪中

「抜け穴だらけの株式市場」

もし、あなたが今年の異常な世界同時株安を利用して

異常値ともいうべき法外な収益を叩き出したいのなら
中華人民共和国の株式市場が最適でしょう。

中国は、世界の工場とも言われ、
経済成長率が高止まりしている一方で
未だに共産党一党独裁という政治体制によって

『世界一歪んだ株式市場』を
形成されているのをあなたはご存知でしょうか?

市場の歪みとは『超ローリスクハイリターン投資チャンス』の発生源。
いわゆる超過収益ともいわれている
理論的には存在しないはずの収益のことですね。

今日、中国の歪んだ株式市場から
流出している現金は軽く数千億円。
加えて、サブプライムショックによって市場の歪みは
もはや修正できない「ガタガタの状態」という有様。


実は、その事実を知っているごく一部の個人投資家たちは
中国政府の「矛盾した政府規制の一部」を逆手に利用できる
最新デリバティブ技術を活用することで
暴落株式市場から莫大な収益を絞り取っています。




もちろん、その最新デリバティブ技術は
プロではない
私たち一般個人投資家でも利用可能

つまり、まだ大半の個人投資家が
存在を知らない次世代トレード技術で
圧倒的な先行者利益を実現できる状況となっているのです。

そして、言うまでもなく、私も
「異常な中国株式市場の歪みから現金を手にしている」一人。
預金残高が198倍という異常な膨らみを記録できたのも
世界一歪んだ株式市場である中国株があったからでした。


まさに、今の中国株式市場では、一介の個人でも
異常な暴落相場から空前の収益を手にできるのです。
それは冒頭にお話しした預金残高の異常な増加でお見せしたとおり。

しかし、これは何も私だけの特別な現象ではなく
中国株の「ある異常性」に着目できれば誰でも流出している
巨額の現金を自分の手もとへ仕舞いこめるのです。

問題は、
「ただ単純に異常を知ってるか知っていないか」という
単純な事にすぎません。




昨日まで株投資未経験者でも
わずか10日間の間に
異常事態の中国市場で188万稼ぐ結果

「友人も異常収益を体験した一人へ」

例えば先日、大学時代からの友人に
『私が実践している暴落株投資の具体的手順』を

電話で30分ほど話してしまったこともありました。


電話の内容は、はじめは彼の転職の悩み相談だったのですが
年収や生活水準の話から進んで
副業や投資についての会話となり
中国株式の特殊な投資環境について喋ってみたのです。
私の話を聞いた彼の行動とその結果は



以下の電子メールをご覧下さい。

彼は私との通話の後。

言われた通りすぐに
「ある外資系証券会社の口座」を開設し

なんと10日後には、「約188万3000円という現金」を
暴落中国株から入手しています。
預金残高197.5倍 滝沢式 暴落中国株ハゲタカ投資法



彼は上場大手家電メーカー勤務のサラリーマンですが、

月給換算すれば4カ月弱分の収入を
給料以外から『あっけなく』手にできることに
驚きを隠せないようでした。

これも異常な中国株式市場の大暴落と
最新の金融取引方法を組み合わせた結果実現した収益。
中国株式未経験者が短期間で
高収益を叩き出してしまった実例ですね。

ちなみに
私が教えた投資方法はインサイダー取引ではありません。

特に個別の銘柄を教えたわけではなくて

「ある最新デリバティブ投資方法」と
「歪んだ中国株市場の利用方法」についてだけです。

もちろん確かに、この最強の投資方法を発見できたのは
私の勤める職場の特別な環境が大きかったのも事実でしょう。

中国市場の隠された内情と異常性について発見したその経緯を
これからお話ししましょう。




どうやって私は、暴落中国株から
法外な収益を強奪する方法を知ったのか?
上場企業の財務担当として目撃した
中華人民共和国の秘密

「東証1部上場化学メーカーの現場より」

初めまして滝沢龍一と申します。






私は都内の大学を卒業後
現在、東証1部上場の化学メーカーにて
本社の財務部門に勤めています。

転職はしていないので、
今年でプロパー6〜7年目となりますね。

私の職場は、
本社財務部門内の海外取引の経理などを行っている部署で
自分の仕事はアジア圏での製造工場との経理関係を統括しており

職場では
外国為替や証券市場の最新の動向が日夜飛び交っています。


そんな職場ですが、ちょうど昨年あたりから
中国株式市場の下落などを受けて
中国の取引先の情勢などが不安定な状況となってきました。

例えば、何の予兆もなく、
特に資金繰りや財務状況も問題ない企業にも関わらず
突然倒産してしまうということが起こりました。


一度取引先がデフォルトしてしまうと職場は大混乱です。

売掛金や納入予定資材の現在地確認など
金額的にも少なくない損失を被ることとなります。

この様なことが程度の差はあれ頻発するようになったため


本社において
中国市場の専門コンサルタント会社などから専門家を招聘し
情報収集のヒアリングを頻繁に行うようになりました。

私も何度かヒアリングに立ち会う事があったのですが
休憩時間に「ある中国出身のコンサルタント」との雑談の中で

驚くべき中国市場の実態を聞くことになります。
それが私が中国株投資を始める直接のキッカケとなりました。

その全てをこのページでお話しすることはできませんが
こと株式市場に関して限定して
ご紹介すると以下の通りとなります。




本社で招聘した
中国市場専門コンサルタントの驚きの発言




(本社17階の会議室付近の喫煙所にて)
私(滝沢)
「最近、株式市場が不調ですが○○さんはどうお考えですか?」

(コンサル)
「まあ、中国の株式市場は壮大なやらせ相場ですからね」
暴落するか暴騰するかは政府関連の噂を聞いてたら
事前にある程度簡単に予測できますし」

私(滝沢)
「それは、ある意味インサイダー取引ということですか?」

(コンサル)
「まあ、そういう事になりますね。 もっとも・・・
 国家の異常な規制が逆効果となってるんですけど」

私(滝沢)
「というのは、どういう意味ですか?」


(コンサル)
「あれですよ。デリバティブありますよね。金融派生商品。
あれを使えば普通に中国株だって空売りできますし、
今暴落してますから、そりゃ儲かりますねぇ」

私(滝沢)
「ええっ?でも中国って空売りが
法律で禁止されてるんじゃなかったでしたっけ? 」

(コンサル)
「いや、デリバティブは中国国外で取引されてるんで
規制の対象外なんですよ」


私(滝沢)
「それでは現在の下落相場なら
 大きな差益を稼いでる人が いるという事ですか?」

(コンサル)
「おっしゃるとおりです。
 しかも、ブルーチップ(優良株)が
売り叩かれてボロボロに安いからデリバティブで
レバレッジ掛けて格安で買いこんでる連中もいますよ」

私(滝沢)
「株式相場がギャンブル化しているという事ですか?」


(コンサル)
「いや違いますよ。 単純に知らない投資家は
 損してるというだけのことですねぇ・・・」

私(滝沢)
「興味深い状況ですね。」

(コンサル)
「いま中国株は歴史的異常事態ですね。
暴落は誰の目にも明らかだから
デリバティブ使ってしまえば
法外な収益になるわけです。誰だって●●と●●を
知ってしまえば理解できるでしょう」

私(滝沢)
「そんな実態だったとは・・・全然知りませんでしたよ
ちょっと個人的にも調べてみますね!!」



実際に調べてみた結果・・・
「あるデリバティブ取引」で個人投資家でも
中国株の空売りは可能であり
超優良株が超割安状態であることも判明!

「知らない方がある意味幸せ?」

中国市場専門のコンサルタントから
「ありえない中国株情報」を聞いてしまった
その日の夜。

私は眠ることができませんでした。


何故なら、帰宅後コンサルタントが言っていた情報を
ひとつ、ひとつ検証してみた結果。
話していた内容がそれも真実であり
私自身もその気になれば明日からでも異常な状況を利用した
中国株式投資ができてしまえるのですから。

これは、ある意味、
一般市民が知ってはいけない禁断の情報かもしれません・・・

ほとんどの投資家が知りたくても知れない
「株で儲けるための究極の戦略」。

当然、こんなある意味「大量破壊兵器」のような情報は
偶然が重ならなければ私も知ることができなかったでしょう。

しかし、その秘密を知ってしまった私は
暴落中国株投資で
あっけなく万札の束を手にできてしまう現実に

心底怖気づいてしまいました。



どう低く計算しても
10万円が1年で1500万以上に増えてしまう・・・・

当時の私の年収は、税込みで700万弱。
東証上場企業勤務のサラリーマンとしては
ミドルクラスの収入を得ていた訳ですが

その年収金額など2ヶ月程度で稼げてしまう訳で
私の人生観や金銭感覚が崩壊してしまい
正気を保っていられなくなるのではないかと
本気で怖くなりましたよ。



「臆病すぎるね」と
あなたは私を笑うかも知れません・・・・
でもあなたも他人事ではありません

「グロテスクなほどの量の札束が怖くなる」

まるでジャンボ宝くじの1当選を引いてしまったかの感覚。
しかも、宝くじと違って
私の知ってしまった中国株の異常状態を突く投資方法は
自分が欲しいだけの現金を欲しい時に
事実上無制限に引き出せてしまうのですから


宝くじとは次元が違うのです。
中国株が自分にとってのATM状態といって過言ではありません。

そんな誰もが羨む情報。
それを掴んでしまった私は当初は狂喜していましたが

次第に、
暴落という惨事に乗じて多額の現金を強奪しているようで
まるで「何か悪い事をしている気分」も
少なからず感じました。

それでも、日に日に暴落していっていく株価を見ているうちに
ちっぽけな倫理観や金銭感などは、あっけなく消えていき
その後2週間は寝食を忘れて、
興奮と不安が入り混じる精神状態のまま
暴落株投資の実験を繰り返してみました。

それは平日は日中ずっと職場で働く一方、
帰宅後は明け方まで中国株投資の研究をする生活。


当然ですが、肉体的にも精神的にも厳しいものがありましたが
「暴落株投資生活」1週目を超えたあたりから
予想通りの驚異的収益率を記録できるようになり
たった1か月の期間中でも
10万円が400万円近くにまで急増。


しかも、
日を追うごとに「コツ」を習得できるようになったので
実質、ほとんど自動機械的に
暴落中国株に投資できるようになりました。

その為、1日の投資時間も1時間以下となり
時給換算すると
平均時給8万3000円程度を常時稼げるようになったのです。

そして、この期間が数週間と進むにつれて
私の金銭感覚も職業観も完全に様変わりしました。

まさに・・・・・



暴落株式投資という、
事実上無制限に引き出せるATMを
使える生活を
味わってしまったのです。


これは一度経験してしまうと
誰もが後戻りすることができない危険性もはらんでいますが・・・

それでも間違いなく・・・・・
毎朝起きるとごとに「今日も暴落ありがとう」と笑ってしまう生活に
あなたも近日中になってしまうことでしょう。


「コツコツ安定した職を定年まで勤める」のが人生というのが
世間一般の常識ですが、
それがどれほど異常な考えであるのかも気が付くはず。

何故なら、人生は当たり前ですがたった一回きり。
取り返しのきかない自分の人生の大半を
会社や国のために働くなど異常なことだと思いませんか?

本当は、そんな窮屈な毎日に我慢する必要などありません。

実際のところ、
私は暴落株式投資を経験してから強く思うようになりました。

経済的勝者にのみ本当に自由な人生を楽しむ権利があり
それが資本主義世界の絶対ルールだったのか・・・・・と。


経済的自由も奪われたままでは
満足できる人生など一生無理というものですね。

そんな、根源的な気づきも
暴落株投資で大きな金額を手にできなければ
死ぬまで理解できなかったと思います。  



「暴落で大金を稼ぐのは心が痛む」
というあなたへ。


「今年。資本主義社会の勝者になりませんか?」


私たちの生きている社会は資本主義社会。
資本主義社会では経済的豊かさを勝ち取った者が勝者です。
その勝者を中心にして社会は成り立っているのですから

「市場の異常を利用する」という正当なチャンスを
掴み富裕層になるのは悪い事ではありません。

しかも、今なら才能や運などとは一切関係なく
世界で一番異常な株式市場である中国株で
その異常性を突く最新デリバティブ投資と
売り叩かれた超割安優良株を買い叩く投資法によって
誰でも、「自分の資産を50倍や100倍」という規模に
激増できるのです。

それは、
あなたも資本主義社会の勝者の一員になれるということ。


実際問題。
私の行っている投資法方を知ってしまった
極少数の個人投資家たちは
信じられないスピードで「億プレイヤー」へと成長していっていますよ。

もし、あなたもその一員に早くなりたいとお考えなら
一刻も早く暴落中国株投資を経験してみてください。

下手な常識や誰の役にも立たない良識など
一瞬で吹き飛ぶ体験があなたを待っていますから。



預金残高198倍を実現した
すべての記憶と秘密を数量限定で公開します

「実質無料状態で暴落投資法を入手」





今回公開するトレーディング手法は、
書店などで入手できる一般の書籍は当然のことながら
過去のそのE-bookにも公開されていない内容となっており
本来なら公開してはいけない部類の情報群となっています。



例えば、
最新の共産党政治情勢および個別具体的な株式銘柄名など
ハッキリと公表してしまっています。
当然、過去の株式当情報とは次元の異なる内容ですので
利害関係者等からの請求により
予告なく販売及び公開を終了させて頂く
可能性が高いでしょう。



従って、早ければ今から48時間以内。

部数でいうと、多くて最大200名程度にて
販売終了になるのではないかと思います。



価格については、
当初の投資資金を低めに見積もって試算したところ
お伝えするノウハウによって長期的に見れば一人当たり
最低でも7180万円以上の収益を狙えますので
ほとんど、無料に近い価格といっても過言ではありません。




そんな実質無料価格でも
私が暴落投資法を公開するのには
大きな理由があります。



それは、非常に個人的な動機。
詳細については
このサイトの最終部分にて語らせていただきますが
結論から言うと、
情報を売って収益を得ることを目的としていないから。
販売収益に関しては、それほど興味がありません。

実際。私自身、暴落株式だけで
今後も十分な収入を手にできるのですから
わざわざ、面倒なe-book化なんてする必要ありませんよね。

そういった経緯に加えて
価格について計算したのですが、現在価格計算によって、
金額設定を行うと1本で713万円以上という

非現実的な価格が算出されてしまいました。




これでは決済すら困難となってしまうため
購入希望者の方のお気持ちを表明して頂く意味で
価格をシンプルに10万円と設定致します。
(ただし、初回限定部数のみ59800円にて公開中)

この価格については
純粋に購入希望者の方のお気持ちを表明して頂く
目的にて設定した形となります。

従って、暴落株式から巨額収益を強奪できる
中国株式の異常性について知りたい方のみご購入下さい。




滝沢式暴落中国株本編は
合計180分以上14個のMP3講義音声
と特別資料PDF編にて構成されています




上記コンテンツ内より。
暴落中国株式を自分専用ATMにする
滝沢式ハゲタカ投資法の
強力な具体的内容を一部ピックアップ

「暴落株式をATM化する10個の強力な手法」



(その1)
*ある絶対的基準で面白いほど浮上する割安株選定術とは?*



私が上場企業の財務部門で働くなかで知ってしまった
企業の会計マジックを逆利用。

実は厳格と思われがちな上場企業の決算などの財務情報ですが、

ある特定の箇所においては想像を絶するレベルで
不適当な数字が押し込まれています。

逆にいえば、
その点を突いてしまえば丸裸の財務数字を引き出すことが可能。

その結果。事前に暴落する株と暴騰する株を見分けて
投資するという半ば反則的な投資も可能。


(その2)



*上場企業の決算マジックを逆利用して稼ぐ粉飾銘柄投資とは?*


証券市場の中でも
中国の株式市場は全世界でも類をみない異常なマーケット。

昨日まで高値を付けていた銘柄でも、

前期の決算が粉飾であることが
突然発覚し紙屑と化すことが多々あります。

その様な銘柄には、ある特定の共通傾向が存在しているため、

その点を重点的に攻めることによって
「粉飾銘柄」を割り出すことも可能です。

想像してください。
暴落する運命の銘柄を空売りし手にできる莫大な金額を。


(その3)



*想像を絶する共産党支配という腐敗した市場の「傾向」とは?*


先進諸国では信じられない、
共産党による一党独裁体制で国家運営されている

中華人民共和国においては、
政府と民間セクターとの癒着も当然発生しています。

企業の役員が天下りの役人で占められている企業は、
不思議と大量の公共事業の発注を受けているなど
不平等な状況が続いています。

逆にいえば、
そのような銘柄は事実上国営会社であり構造上倒産することがなく、

株を保有しているだけで
超ローリスクで安定した配当を手にする事ができます。





(その4)
*パニックに陥る投資家を尻目に稼ぎ続けられる骨太方針とは?*


絶望的な暴落相場が続いている中国株では、
多くの投資家が投げ売りに走っていますが

それは非常に誤った投資方法であるのはご存知でしょうか?

実は、中国株においては実態と桁外れにかけ離れた安値を付けている

超優良株が大発生しているのです。今の時期は空前の割安となり

「今以上下落する余地すらない程安い」
それら優良銘柄を買い叩くことによって

中長期的に莫大な収益を狙える、
まさに投資の神様ウォーレンバフェット的な長期投資の実現です。





(その5)
*空売り禁止の中国株を空売りし巨額収益を強奪する方法とは*


あるコンサルタントが話した内容が発端となった、
本来法律で規制されている中国株式の空売りトレード方法。
現在の暴落相場においては、平均株価が1年弱で

約70%という下落を記録。
この暴落もあるデリバティブ取引を通せば

いとも簡単に収益源にする事ができました。

日本ではまだあまり普及していない最新のデリバティブ取引と

割高株式を割り出す滝沢式財務諸表チェック法で

年率換算数百パーセントという収益も狙える空売りで
巨額の現金を強奪できるのです。





(その6)
*全財産を喪失した大損失から生還した中国株黄金法則とは*


実は、私も中国株投資で一時、
全財産を吹き飛ばす失敗をしてしまったことがあります。

何故そのような事態に陥ったのか?
それは中国株投資時に見逃されがちな

ある重要な大前提を見過ごしていたからでした。

これは大多数の日本人中国株投資家にも
共通して注意すべき落とし穴です。

知っていなければマーケットのなぶり殺しにされてしまう危険を
回避できる中国株式の黄金法則ともいえる
重要な情報が存在しています。

あなたがもしその秘密を知らずに中国株に手を出せば、

昔の私と同じ大損失を被る可能性は急上昇することでしょう。



(その7)
*投資先企業の経営者の裏側を知り銘柄選定に生かす方法とは?*


株価や財務諸表などを一切確認しなくとも、
その企業の異常性や将来性が判明してしまう究極のポイントが
実は存在しています。
それは、投資先企業の経営者のバックグラウンド調査。
これによって、その企業の保有している自治体や行政などとの
「裏のパイプ」をあぶり出し、同業他社が暴落する中、
暴騰する「異常銘柄」を先行して仕込むことも可能。
日本株では考えられない程の露骨な天下りや汚職の実態に
あなたも驚くかもしれません。
しかし、この異常性こそが
暴落中国株で巨額収益を得る源泉となっているのです。


(その8)
*極論すれば0円で済む究極の中国株情報収集法とは?*


意外かもしれませんが、
預金残高を198倍にした私の中国株投資方法で
必要な情報収集コストはその気になれば無料でも十分可能。
高額なアナリストレポートといった情報源は実は全然必要ないのです。
私が中国株で儲けているのは、
中国株の構造的な異常性を突いているから。
あなたもその方法さえ知ってしまえば、
特別な情報やネットワークなど
不要である事はすぐ理解頂けることでしょう。
「極論すれば0円で済む究極の中国株情報収集法」と
いっても過言ではありません。

(その9)
*共産党が招く「異常なファンダメンタルズ」投資方法とは?*


北京オリンピックが終了後、急激な株価下落が進行する一方
世界的な株安の流れとは逆行する形で
業績を上げている中国株銘柄も存在しています。
そんな、
通常の理論では説明不能な異常な状況がなぜ起こっているのか?
その答えは、一党独裁政党である共産党が招く
「異常なファンダメンタルズ経済」だから。
どれだけ、国内が混乱しても共産党が指定した
特定のセクターや業種には莫大な国費が投じられているため
今後、好業績を記録することが見込まれています。
現在では株安の影響で割安に放置されているそれらの銘柄を
徹底的に安値買いすることによって長期的に巨額収益を狙えるのです。

(その10)
*構造的に高成長が約束されている銘柄に投資し、ほったらかしで高収益を手にする方法とは?*

異常な株価暴落によって、
本業が堅調で安定的に配当を出している企業銘柄の株価まで
「歴史史上類をみない水準」の安さを記録しています。
高配当銘柄が激安になっているという事は
非常に高い配当利回りを実現できるという事。
長期保有すればするほど、
配当収益が累積していくので「強力な定期預金」の様な
投資収益を狙う事も可能でしょう。
加えて、本来堅調な業績が多くの投資家に見直された暁には
急激な株価上昇とそれに伴う含み益を手にすることも可能です。




--------------------------------------------------------------------------------

上記リストは一例にすぎません。
より詳しい内容については
このページでは掲載しきれません。

詳しくは特別配信メールマガジンにて公開中です




暴落株という恐るべきATMを
手に入れてしまった
私が実際に体感した4つの経験とは?

「私が体感した4つの出来事」




(体感その1)
財布に入っている万札の枚数が1ケタ普通に増えてる

私が暴落株式によって
預金残高を198倍にした結果、身に起きた端的な成果は
「財布が分厚く」なったことでした。

ほんの数年前までは、多くて1万〜2万円程度しか
入っていなかった万札が今では、少なくとも10万〜20万円が
常時ギッシリと詰められています。
あと、これまでなら気後れして入れなかった高級ショップや
レストランにも何の緊張も抱かずに入れてしまうのには、
自分でも驚くほどです。
結局、現金を大量に持つ者こそが資本主義社会の勝者でしょう。




(体感その2)
サブプライムショックが今後も長引くことを願ってしまう

これは、あまり大きな声では言えませんが、正直な気持ちです。
世界的な株安は今後も数年間に渡って長期化するのは確実。
それはすなわち、「異常な株価が今後も止まらない」ということ。

もちろん、混乱が広がれば広がるほど、
私の投資手法における収益はグングンと増えてくれるのですから
更なる経済の激震とショックを心待ちにしてしまうのです。
仕方ありません・・・
あなたにも近日その感覚を理解してもらえるはずです。





(体感その3)
会社に勤務していても

精神的には事実上「毎日が日曜日」状態

正直なところ
明日会社を辞めても何も困らないという生活を経験してみると
会社勤めが「ある種のゲーム」の様な感じがしてきました。
私は「東証1部上場化学メーカーの財務マン」というキャラクターで
日々の業務というステージをプレイしている感じですね。

もちろん、そのゲームがつまらなく感じたなら
今すぐ電源オフにしてもいいんです。
ですから、嫌いな上司にも今ではハッキリと反論できますし
残業などほったらかしで「お先に失礼します〜」と
「定時帰宅」できたりもできます。
ホントにお給料もらっていいのかなぁ〜という感じですね。


(体感その4)

毎日よく熟睡でき、食事もおいしく感じられる

これが、暴落株で
収益を実現できて一番良かったことだと断言できますね。
これまでは、
平日は朝から晩まで働きづめで、休日は泥に様に眠る・・・・

そんな生活をしていましたが、
食事も睡眠も恐ろしく低いクオリティーでしたよ。
加えて、給料も十分でなく、
常にセコセコしなければいけませんでした。
しかし、自由に暴落株から収入を得られるようになってからというもの
1度の食事の予算が5000円以上になりましたし、
枕や寝具はテンピュールの最高ランクのもので揃えていますし、
クルマも昔で夢のまた夢だったポルシェに乗っています。
生活のあらゆる所が文句なしの快適で
「毎日生きるのが快感」といっても過言ではありませんね。






--------------------------------------------------------------------------------

上記体験は私の身に起きた紛れもない事実。
そして、あなたも近日おなじ体験することでしょう。
そして、おなじ喜びと快感に驚くことでしょう。
預金残高197.5倍 滝沢式 暴落中国株ハゲタカ投資法






posted by haget at 13:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。